ケンゴロウFP×ディーラー営業マンのブログ

仕事や人生に対しての「考え方」にほんの少しの気付きを与えたい。

スポンサーリンク

私はこうやって任意保険に入ってもらってます

ディーラーで車の営業をやっています

損害保険の募集人として、任意保険の契約も取っています

突然ですが皆さんは車の任意保険ってどこで入っていますか?

今お聞きしているのは、どこの損保会社か、ではなくて

どこの「代理店」で入っているのか、ということです

 

すでに何を言っているのか分からない可能性がありますよね(;^_^A

損保会社=日新火災損保ジャパン日本興亜三井住友海上ソニー損保やアクサダイレクトなど

損害賠償などの保証をしてくれる会社ですね

 

代理店というのは、その損保会社の窓口(代理)をしてくれる所です

冒頭でお伝えした通り、私はカーディーラーに勤めていまして、とある損保会社3社を取り扱える代理店の保険募集人として業務に携わっています

そして今回お話ししたい内容というのは、皆さんちゃんと任意保険の内容についてきちんと把握していますか?という事なんです

タイトルにある、私はこうやって任意保険に入ってもらっています

という事に関してですが、とあるタイミングでお客さんの保険証券を拝見させて頂くと

なんじゃこりゃ(笑)

って内容がけっこうありますし、もし万が一どこに連絡したら良いか分かりますか?とお尋ねしても

「え?うーん、よく知らない…」

という事があります

なので個人ユーザーの方はもう一度保険証券の見直しや、自分がお世話になっている代理店、例えばご夫婦どちらかに任せっきりでいざという時にどちらかが一緒にいなくて困るという事がないように

そして今保険の代理店や、保険募集をしている人は、今一度内容が本当にお客さんにとって妥当なものなのか確認をするキッカケになればと思います

油断していると、たかがディーラーの若造に契約を持って行かれますよ…(^^;

もちろん私も契約を頂いているお客さんときちんと連絡を取っていないと、知らない内に住所が変わっていた…なんて事があるので、あまり偉そうに言えませんが(;^_^A

 

それでは、私がお客さんの保険証券を拝見した時、ここを見ている!内容の紹介をしていきます

※保険募集(勧誘)ではありません

保険に関する意思表明はこちら

http://www.tihoufp.com/hokenbosyuu

 

f:id:kinakajin:20190213140404j:plain

保険期間

これが第一に見てしまいますね

共済さんは別なのですが、大体の大手の一般損保会社では

「長期契約」

という契約の仕方を選択出来ます

とは言っても本当に損保会社なんて多数あるので、一般損保とはいえ出来ない会社もあるかもしれませんので、そこはご了承ください(T_T)

長期契約が選択できるのにも関わらず、1年で契約がされていたりするんですよね…

おおまかな話しをしますが、3年で契約をしていると、途中で保険を使ったとしても更新するまでは保険料が上がったりしないんですよね

これは実は保険会社にとって相当なリスクです

ここでは細かく触れませんが、今入っている保険証券を見て、契約期間を確認してみて下さい

1年だった場合は、3年に出来ないんですか?と聞いてみましょう

途中から入り直すのはちょっとややこしいのですが、次更新する時は3年で入るメリットとデメリットを、きちんと担当さんに聞いてみましょうね

あえて1年にしている担当の方もおられるかもしれません

その場合は何故そうしているのかきちんと確認をしましょう

 

運転される方の範囲、年齢条件

簡単に言います

35歳以上なのに全年齢(18歳から21歳未満)の設定になっているとか

これはかなり極端な例ですが、たまにあります

一般的に若い方の契約は保険料が高くなります(事故率が高い為)

高齢者になるとまた違ってきますがここでは触れません

本当は加入しているお客さんの通知義務(変更があった場合に遅滞なく申し出る義務)があるので強くは言いませんが

懇意にしている担当者の方がいるなら、「35歳を迎えられますよね?年齢条件変更しましょうか!」とお知らせしてくれると親切ですよね(^^)

ですが、加入者の方も、途中で誕生日を迎えた時(前でも良い)に「保険の年齢条件を上げられませんか?」と気軽に聞ける間柄だとさらに良いですね

対物賠償

最近はもう無いというか、その設定が出来ないのかもしれませんが

対物賠償[1,000万円]

これも何件か見ましたね…

圧倒的に足りなさすぎます(笑)

交通事故で対物というくらいなので、相手の車というイメージかもしれませんが、何らかのお店などに突っ込んでしまい、営業損害などを求められたりすると大変です

車同士でも、1対1とは限りませんしね…多重追突とか

1,000万円を無制限にした所で、保険料はそんなに上がらないはずです

もしそうなっていた場合はすぐ相談しましょう

 

車両保険の内容と免責金額

付帯されていない方は飛ばして下さい

車両保険なんているのか?という方はこちらをお読み下さい

 

www.tihoufp.com

 車両保険の免責金額というのは、事故をして自分の車を保険を使って直した時に、いくらかお金を出して下さいね?という取り決めです

それを設定すると、損保会社のリスク(支払い保険金)が減るので保険料が安くなります

免責を設定するのは全くもって悪い事ではありません

車両保険は外したくないけど、保険料が高くてしんどい…という時に出来る対策でもあります

では何に気を付けるのか?これは本当に私の個人的な意見ですが

免責金額を支払う時って、既に保険を使う事が確定しているんですよね

事故の大小、修理費用の大小、過失割合、何等級下がる事故(保険請求)なのかによって一概には言えないのですが

例えば追突をしてしまった時、相手への損害賠償を支払う為に対物保険を使います

車両保険に入っているから、自分の車の修理も出来るから良かった!と思っていると実は車両保険免責5万円の設定が…

このケースだと、相手への補償は出来ていますが、等級ダウンによる次回更新時の保険料アップ と、さらに自分の車の修理費用の5万円は出ないので手出しに…

仮に更新時の保険料アップが5万円だったら10万円の費用持ち出しに( ゚Д゚)

車種、年齢、等級、車両保険の種類によってもだいぶ違いますのでここでは一概には言えません

なので、免責を付けた場合にどれだけ保険料が下がるのか、自分の車を使う状況などもトータル的に踏まえて担当者に相談をしましょう

 

絶対に強要しない

車の販売に関しては、お願いしますよ~なんて言っちゃう事はあったりするのですが(笑)

保険に関しては絶対に強要しません

入って下さいとお願いする事もありません

ただ、保険の証券を見てアドバイスをして、見積を出した上で、良かったらお世話させて下さいと言うくらいですね

今の付き合っている所と縁が切れないから…これはもうしょうがない事です

もし先ほどの証券をチェックして、思う所があれば、今お付き合いしている方に相談だけでもしておくと良いですよって

そしてその時は車屋さんで聞いた、ではなくちょっと詳しい友人から聞いた体にすると良いですよって(角が立ちません)

 

私は任意保険が大好きです

保険の値引きってコンプライアンスで禁止されているんですよ

だから信頼をしてくれて、私から加入してくれた方のお世話を純粋にさせて頂けるスタンスが大好きです

なので、自然に「ケンゴロウさん、お世話してよ」と言ってもらえるように心がけていますし、根本には誰にも負けないお世話が出来る!と自信を持っているから出来るやり方だと思っています

 

さいごに

独立して好きにやりたいという目標を持っていますが、特定の小売りの商品を売る、という事に実は今ちょっと心のどこかに引っ掛かりを持っているんですね

キレイごとと思われるかもしれませんが、自分の知識や経験から伝えられる「価値」は値引きとかそんな話しはなく、本当に「ありがとう」と思ってもらえるサービスなのかなと

そんな風に仕事をして生きていけたら楽しいだろうなぁ~って思う今日この頃です

 

保険証券、見返してみて下さいね

私はああいう所をチェックして指摘させて頂いています

募集人の方は、大丈夫かな?ともう一度振り返ってみて下さい

私もこうして発信する事で、身が引き締まります

 

もし質問があれば中立な立場でアドバイスが出来ますので、お問い合わせフォームからでも、TwitterのDMでもなんでも下さい(^^)

 

ありがとうございました

スポンサーリンク