ケンゴロウの地方独立系FP(を目指す)ブログ

田舎の会社員が、ネットを使った集客と収益化に大いなる可能性を感じ、独立するまでに発信、集客、ネット収益化の練習をする為のブログ。

メモ術 連絡がきちんと出来ない人は休んではダメ!?

あなたが居なくても、分かるようにしてくださいね(^^)

今回私が言いたいのは、人に伝える技術です

手帳の記入方法や、メモのスキルアップではありませんので、ご了承下さい

f:id:kinakajin:20190206092829j:plain

~目次~

そのメモは、誰の為?

もちろん、人に伝わるように書く

というのが前提にありますので、連絡事項だったりすると、その人の為に書くのが当たり前だと思いますよね

しかし私はこう考えます

自分の為だと

なんの事?と思うかもしれませんが、お聞き下さい

私は前職の飲食店時代から、常にこのメモというものに悩まされていました

特に感じたのは、メモを残した人にしか分からないような書き方だと、仕事を休めないんですよね…

当時のオーナーは超厳しかったので、私のメモが原因で、バイトさんに伝わらない事、困った事があると、即オーナーから怒りの電話が…

「今すぐ来い!!!!!」

ここでは、ブラックだの何だのは置いといて下さい(笑)

ただ、その時言われて凄く今でも自分の力になっているのは

「自分が居ない時に、自分にしか分からないような状態にするな」

でした

フランチャイズチェーンでしたので、どうしても学生のアルバイトさんがメインでお店を回す事も多かったんですね

なのでやはりマニュアルがある訳で…もちろん店舗によってオリジナルな事や、本社のマニュアルだけでは現場で対応出来ない事も多数あります

そんな時は、お店ごとでオリジナルのルールって作りますよね?

自分(店長)がいる時は、何かあれば自身で対応するのですが、もしお店に不在だったり、運よく定休日以外の休みがあったとしたら、アルバイトさんだけになるわけです

そんな時に、少しでも伝達が出来ていなかったり、申し送りが出来ていない事があると…オーナーからのカミナリが落ちていました(笑)

今思えば、本当にありがたい事を教えてもらったと思います

メモや伝達は、もちろん読む人の為に残すものですが、巡り巡って自分に返ってくるんだぞ、と

自分1人で仕事をしているのですか?

今現在の仕事で思うのですが(カーディーラーの営業)

飲食店時代は、バイトさん含めても、多い時でせいぜい10~15人の在籍スタッフ数でした(少ないと7~8人…)

それが今、別に特段大きな会社ではないのですが、1店舗で50人弱の人数がいるんですね

飲食店の時と比べて、「部門」があるのが大きな違いに感じます

部門があるという事は、お互いがいないと仕事やサービスが成り立たないという事です

これもやはりベテランになってくると、見落としがちなのではないかなと思います

営業は仕事を取ってくればいい、整備士は点検をしておけばいい、経理は書類の整理だけしていればいい、受付は来店のお客さんを捌けばいい…

こうなってしまうと、会社内で「言わなくても分かるだろう」という人が出てきます

特に、自分は仕事が出来ていると勘違いしている人かもしれませんね…

別にあなた一人で会社が回っているのではありません

お互いが尊重しあい、感謝するから良い循環になり、結果的に良いサービスをお客さんに提供でき、自分たちの給料や待遇になって返ってくるのです

あなたの評価は他人が決めます

この事は、本当は別の記事で深堀してでも取り上げたいのですが、少しだけ触れておきます

先ほど、きちんとしたメモを取るのは自分の為、と言いました

あなたにはもしかしたら言われていないのかもしれませんが、きちんと伝わるメモを書いていないが為に、その人やお客さんに、迷惑をかけているのかもしれません

私は幸いに、前職の頃から人から注意をしてもらいやすい性格だった為、たくさんのアドバイスを頂きましたし、人に伝えるメモを書くには技術がいる事、自分にはそのスキルが全くないという事に気づかされました

今でもまだまだ下手くそですが、自分が不在の時や、休んでいる時に

「今すぐ来い!!!」

と言われる事(普通はあんまりないのかな…)はなくなりました(笑)

きちんとしたメモが取れない、報連相が出来ない(しない)ベテランの方に言わせて頂きたいのですが、どれだけ偉くなろうが、あなたの評価は他人が決めますからね

ただ偉くなって、言いにくくなっただけで、仕事が出来ていると勘違いしないで下さい

 

この記事を読みにくるような方は、少なくともちょっとは悩みがあったり、仕事でどうしたらいいのか分からない方だと思うので、そんなに心配はないのかもしれません

だって何とかしようと思っているのですから

この記事が具体的なメモの手法じゃなくてすみません(笑)

↓こんな過去記事もあります↓

 

www.tihoufp.com

 

もし読まれた方の中に、勘違い上司の方が紛れ込んで来たようなら、もう一度最初からこの記事を読み返して下さい

 

日々の仕事は、相手がいて、一つ一つがお客さんの満足につながるもの

そして、やってきた事は全て周りからの評価につながる事です

全部、自分の為だと思ってやると、自ずと良い循環になっていくのではないでしょうか

 

なんか偉そうな内容になってしまいました~…でも本心なので。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました