ケンゴロウのブログ

友達がいないから本とブログとお話しをしています。

スポンサーリンク

べき論は誰でも語れる

今回は仕事のお話しを。

仕事の悩みのほとんどが人間関係とはよく言いますが、ほんとそうですよね。

私の場合は、主に上の立場の方々に不満がある…。正直、役職って何なんだろうって思う。

上『なんとか売り上げないと本当にマズいぞ!皆さん本当に分かっていますか?一人一人がやるべき事をやり、毎月積み上げていかないと!』

 

………えっと、具体的には?

何がどれだけ足りなくて、あと何日でそれをやらないといけないのか?それに対する障害は?現場は何て言ってんの?

具体的な話しをしないと、特に経験の浅い人はどうして良いか分からなくなると思います。と何度も言ってきたが、どうしても理解出来ないらしい。

そして各々の判断に任せて仕事をさせるから、トラブルやクレームが起きても対処がしにくいよね。そんでその上あいつはダメだとか言う始末。

スポーツで例えてみたんだが、サッカーでも野球でもバスケットボールでもラグビーでも何でもいい。選手と監督がいる。もちろん経験の長い浅いもメンバー間ではある。能力の違いも得意不得意もある。

監『いいか!何としてでも勝つんだ!とにかく毎日、試合に向けてやるべき事をやるんだ!』

 

………えっと、具体的には?

 

企業なら利益と存続と社会貢献、スポーツなら勝利(優勝)を目指す。

良い循環を生み、高みを目指す。そんな『べき』論は誰だって分かっている。

『ではどうするのか』を皆で考え実行するのがチーム、そして道しるべを示すのがリーダー。

上『あいつら本当に何も考えていない、会社の事を思っているのは俺だけだ』

舐めないで頂きたい。高卒で入った18歳そこらの若者でも、仕事を始めて実際に業務に携われば、自分なりの仕事のアイデンティティは生まれてくる。コミュニケーションの取り方を上司側が知らないだけだ。

表面上は『はい!』と返事をするイエスマンになっているかもしれないが、皆、色々な事を考えている。人間一人の思考能力って凄いんだぜ?

 

とまあ、半ば愚痴みたいになってしまったが、今上司や中間管理職の方で

『最近チームが上手くいっていない…?』

と思っている方。というか、思えるだけまだマシだけど。

ではあなたは具体的にどう行動するのか?を考えなければ。

もしそういう相談を私にされる事があれば(ないけど)、個別内容を聞いて具体的なアドバイス…もしたいが、一番聞きたいのは

『マネジメントの勉強ってされましたか?』

と聞くだろう。上司に恵まれて、OJTで体感的にマネジメントが学べたのなら、それは幸せな事だ。私がそうだった。その上、本も沢山読んだ。

激しく身に擦り込まされて、もう人と仕事がしたくない、人の上に(管理)立つ仕事なんてしたくない、とノイローゼになるんじゃないかと思える程とことんやって、それでも解決出来なくて、聞く事も相手もいないなら、偉人の本に聞くしかなくて…

それでもまだまだまだまだまだだと思う(自分の事)

そんな事ひとつもしていない人に、ある日いきなりマネジメントが出来るようになるものではないんだ。だから、役職だけ上司にしちゃうと、割と早い段階で軋轢が生じるんだよね〜。

 

べき論しか語れず、具体策を考えたり、『皆で』やっていく道筋を示す事が出来ない方。まずそれに気づく事。

ケンゴロウさん、じゃあそれってどうやったら気付けるの?具体的に。

って言われると困る笑

いっちばん最初の気付きは、もう既に知っている人からのインプットが1番早いと思う。

『あなた、出来ていないよ』って。

企業なら、そんなアドバイスが出来る上司の方々が既にいるはずだが…?

あ、いないからあんな働き方改革で勘違いする人々がたくさん出てくるのか。失礼。

 

ま、とりあえずマネジメントの本でも読んで下さい。始めは1冊から。

出来ればしっかり読み込めるもので5冊が好ましいけど、普段読まない方にはキツいかもしれない…まずは、まずは1冊。

慣れてくると、自分やチームの具体的な問題解決の為に、こんな本無いかな、と思えるようになる。そうなれば楽。というかそういう思考まで来れたら、チームで言う内容や言動、態度も変わっているでしょうね。

 

長くなってしまった…以上。

スポンサーリンク